« ユニット型特養 開所三周年 | メイン | デジタルとアナログ? »

2019年10月 2日 (水)

2020年度 EPA介護福祉士候補者受け入れ決定

今年の8月、EPA(経済連携協定)インドネシア人介護福祉士候補者受け入れに対する現地面接のため、インドネシアのジャカルタに行ってきました。

本日その最終マッチング同意が佐久福寿園と候補者において決定し、2020年に2名のインドネシア人介護福祉士候補者が佐久福寿園で勤務することが決まりました。

インドネシア人候補者は現地の大学又は3年生短期大学等を卒業した看護師資格を持つ方々です。来日が決定した候補者は11月末頃から約1年間、インドネシアと日本において日本語と介護の研修を経て佐久福寿園での勤務が開始となります。

EPAはハードルも高くマッチングが難しいと言われる中、私たちも受け入れは今回が初めてですが、法人が一丸となって日常生活支援や学習支援を行い、日本において介護福祉士資格の取得をバックアップしていきます。また今後も継続的にEPA候補生の受け入れを行う予定です。

コメント

コメントを投稿